カローラアクシオ

個性がないことが個性だったのに

  • 直列4気筒 1,300cc
  • 車幅 1,695mm
  • セダン

現行型で完全に商用モデルのイメージになってしまったカローラアクシオ。だけど本当に商用利用したい人は使い勝手の良いプロボックスに流れるし、かつてメインだった購買層である高齢者はなんとなくディーラーに勧められてプリウスを買ってしまう。

イメージリーダーは欧州テイストに一新したカローラスポーツことオーリスにまかせ、自分自身は無我の境地をゆくその姿勢に全米が泣いた。ワゴンモデルのフィールダーはともかく、メインであるはずのセダンモデルは先代アクシオと比べても瞬時に分かる質感の劣化具合が凄まじい。

まず乗った瞬間の内装…。鳥が卵から産まれて初めて見た景色がこれなら許せるけど、今までのカローラを知っている人にとっては違和感を感じるくらい質感が下がっていることが分かるはず。多分ヴィッツかそれ以下(;´д`)

これね、排気量から見て分かる通りダウンサイジングの流れとは別の何かが働いているよね。一応全部の排気量には乗ってみたけど、1,500ccならともかく1,300ccだとカローラの顔したヴィッツな感じなんだよ。しかも車体が+100kgの影響でヴィッツよりも加速が遅い。

とにかく高騰した原材料や部品代を販売価格に反映させないために頑張ってコストを下げた結果なんだろうけど、なんだか年々小さくなっていくハンバーガーの肉の量とか蒲焼きさん太郎を見ているみたいで切なくなってくる部分がある( >д<)、;’.・

そういえばトヨタの商品ラインナップを見ていたらひとつ気がついたことがあるんですよ。ベルタがない!あっ、ベルタってヴィッツのセダン版ね。もしかしたら現行カローラアクシオって本来ベルタの立ち位置として作られていたんじゃないかな?それなら1,300ccの排気量も納得だよね。

「これはベルタなんだ!」と思いこめば質感の悪さなんて気にならなくなる。むしろヴィッツベースなんだからこれくらい当然だろという謎の説得力も生じる。車って不思議だね。当然積載力や後席移住性はヴィッツより優れているので壊れなくて安い車が欲しいなら選択肢としてアリかも。

こんな人におすすめ

  • ずっとカローラに乗ってきた
  • 安くて壊れなく車が欲しい
  • 維持費が安い
タイトルとURLをコピーしました