プレミオ/アリオン

マイナーチェンジで個性のなさに磨きをかける

  • 直列4気筒 1,800cc
  • 車幅 1,695mm
  • セダン

アリオン

かつてトヨタの看板車種であったコロナ、カリーナの成れの果て。クラス的にはカローラ以上カムリ未満なんだけど、同じ価格帯で燃費爆発モンスターのプリウスがいるからふつうならそっちを買う。別に悪い車じゃないけど知名度とキャラクターの個性がいかに大切かを教えてくれる。

マイナーチェンジ前のプレミオはプチクラウン、アリオンは若干スポーティーなテイストだったけど2回目のマイナーチェンジでとうとう見分けがつかなくなった。今では貴重な5ナンバー枠(小型)のセダンなんだけど、無理矢理デザインしたせいか寸詰まり感が否めない。

だけどね、運転をしてみるとカローラやプリウスにはないボディのドッシリ感があるのは正直意外だったよ。ブランド力の落ちたクラウンとカムリの比較は難しいけど、カローラとプレミオ、アリオンには総合的な質感の違いに大きな差を感じることができたね。

カローラユーザーだったら間違いなく上位の車であることを認識することができるはず。むしろ車に求められる必要最低基準の要素を、必ずしも凄すぎるわけではないけど平均よりは高いレベルで仕上げている。まさかこれがトヨタの本気か!?と思えてしまう。

それにプレミオ、アリオンは事故率の低さでも知られている車。そもそも台数が出ていないのもあるだろうけど、販売台数における事故車のパーセンテージはかなり少ない部類に入る。これも基本的な設計が真面目に行われている証拠であり、日本を代表する優車であることは間違いない。

こんな人におすすめ

  • 手頃なサイズで上質な車が欲しい
  • プリウスはキモくて嫌
  • 人と被りたくない
タイトルとURLをコピーしました