ワゴンR

スズキのイメージそのもの

  • 直列3気筒 660cc
  • 車幅 1,475mm

ワゴンRスティングレイ

言わずと知れたスズキを代表する格安ハイトワゴン。ダイハツムーヴとは因縁のライバル関係でありモデルチェンジの時期もほぼ同じ。この車を選ぶ人は常にムーヴも視野に入っているからムーヴに勝てるよう常に細かな進化を重ねている。ちょっとした差がユーザーを引き離しちゃうからね。

スズキのエントリーモデルだから当然軽自動車としての完成度は高い。逆に言えば「軽自動車=ワゴンR」の図式も成り立つため所有しない人から見れば貧乏人の乗る車というレッテルを貼られてしまうのが難点。スズキの会長も「軽自動車は貧乏人が乗る車」と明言している。

セカンドカーと言いはる人もいるけど基本的にお金に余裕のある人は軽自動車なんて買わずにミニクーパーを買う。こうした安物のイメージを背負う運命にあるのがワゴンRであり、とりわけ田舎で見かけるのは車を日常のツールとして使用しないといけないから。

ただジムニーやラパンと比べてもハイトワゴンというジャンルの実用性は抜きんでており、後席を倒せばそこそこ大きな荷物も積めるので意外とIKEAで買い物ができたりする。さすがにベッドは積めないけど羽毛布団あたりは難なく積める。あとは特に目立った印象はないけどね(笑)

こんな人におすすめ

  • 移動手段として車が必要
  • 軽自動車に求めるのは実用性
  • たくさん売れてるから安心感がある
タイトルとURLをコピーしました