GT-R

世界最強を目指す世界最強になれない車

  • V型6気筒 3,800ccターボ
  • 車幅 1,895mm
  • クーペ

いつものことだがポルシェGT3に負ける存在意義のよく分からない車。これまでスカイラインのアルティメット版的な立ち位置だったけど現行型においてスカイラインと決別…完全に独立したGT-Rとして新たな道を進み始めた。まぁどっちでもいいけど。

見た目どおり走りに特化した車だけど想像よりかは移住性もそこそこ高い。少なくともシビックTypeRに比べたら豪華客船にでも乗ってるかのようなイメージ。国産車の中ではかの有名なランクルをも凌ぐボディサイズを誇るけど、それでもより大きな光岡オロチはまさに規格外だろう。

走行性能は言わなくても分かるだろうが圧巻の速さだ!てかこれで速度が60キロしか出ませんとかだったら言葉を失うけど、おそらく国産スポーツカーの中では最強で間違いないよね(°∀°)ただ財力的にトヨタが同じような車を出したらヤバイけど、そもそもトヨタは売れない車はシカトするから平気平気♪

ただやはり高すぎる。いや…世界的に見ればポルシェGT3の半額だったりフェラーリに比べればカスみたいな金額だけど、GT-Rというブランドにおいては高すぎると思う。スカイラインGT-R時代は楽しかった(乗ったことないけど)であろうカスタムも今回のGT-Rではやりにくい仕様になっている。

言わばapple製品に近いのかもね。余計なカスタムはせずにコチラで用意したセッティングで楽しんで下さいね的な。だから自分で細かくセッティングをしたい人にとっては敷居が高くなりすぎた感があるかも。世界一を目指すのは勝手だけど、かつてのR32やR34のようなワクワク感は薄れてしまった気がする。

例えるならR34は東京タワーでGT-Rはスカイツリーって感じ。どちらに魅力がありますか?と聞かれたときスカイツリーは今の時代において「出来て当たり前」だけど、東京タワーは当時の技術で世界一の鉄塔を作ったんだから凄い!って言わない人はいなかった。

だから今の時代のGT-Rって「速く作れて当たり前なんだからさっさと世界一になれ!ついでに安くしろ!」みたいな風潮があるからもの凄く肩身が狭いと思うんだよ(;´д`)そんな無茶ぶりをするユーザーもアレだけどこればかりはどうしようもないしね。無い物ねだりが人間だから。

ただ日産の技術とノウハウは惜しみもなく詰めこまれているから所有欲はしっかり満たしてくれるよ(。・ω・。)まず街中でそんなに走ってないし、良くも悪くも生物とマシーンの融合的なデザインは目立つしね!ただサーキットに通える環境がないとつまらないかも。

こんな人におすすめ

  • GT-R教の崇高なる信者
  • 速い車が好き
  • サーキットに通っている
タイトルとURLをコピーしました