セレナ

地道にコツコツ大進化!

  • 直列4気筒 2,000cc
  • 車幅 1,695mm
  • ミニバン

日産セレナも息の長いモデル。現行モデルではノートで話題になったe-POWERもラインナップに加え選択の自由度が大幅に向上した。ちゃっかりリーフと同一のワンペダル(e-pedal)をe-POWERにのみ設定しているが、ワンペダルは正直人を選ぶだろう。

デザインも新しい日産の顔であるVモーショングリルを取り入れ洗練度に磨きがかかった。このグリルは個人的にアクがなくシンプルで分かりやすいので好き(^o^)以前に日産が採用していた髭グリル(ウインググリル)はお世辞にもカッコいいとは言えなかったからね…プリメーラ以外は。

このクラスではトヨタ率いるノア一族、ホンダ所属のステップワゴン選手など強豪が激しいカテゴリーだが、商品力が向上したセレナは2019年現在の販売台数でも第一線で活躍している。これもノート同様、初代モデルの地道さが嘘のような飛躍!

ライバルのノアやヴォクシーがアルヴェル風のギラギラ路線に移行し、走る暫鉄剣ことステップワゴンは冷蔵庫の扉のように使えるリアドアを搭載して個性を生んだ。しかしセレナの場合は純粋に正当進化を遂げる道を選び、その結果としてe-POWERを導入する流れとなったのだ。

だから他のライバルと比べると若干キャラクターが薄いのだが、ミニバンとしての合理性(価格、性能、積載性)を単純に求めるのならセレナがもっとも分かりやすいだろう。個性が薄いと言うことは必然的にメカニズムやパッケージングに目がいくからね。

こんな人におすすめ

  • 落ち着いたデザインのミニバンが欲しい
  • e-POWERなどの最先端に触れたい
  • 飽きの来ない車が欲しい
タイトルとURLをコピーしました