ティアナ

走るモダンリビングの現在

  • 直列4気筒 2,500cc
  • 車幅 1,830mm
  • セダン

テッテレテレテー♪テテテテテッテレッテレ~♪テテテテテッテッテテテテーテ♪テレレレレレーレレン♪車に…モダンリビングの考え方…日産…ティアナ♪シーフトザフューテュアー(SHIFT_the_future)!NISSAN!

…のCMイメージしかない。しかも現行型は言うほどモダンリビングじゃないからキャラクターがよく分からない。そもそもこの車はかつての名車、ローレルとセフィーロを統合してティアナとして生まれ変わったモデル。競合はカムリ、アコードあたりだけどティアナだけ存在が忘れられている。

デザイン面でも上位であるスカイラインやフーガと比べるとオリエンタルテイスト溢れる無国籍な印象を受ける。東南アジアで生産したものを持ってきた的な感じね。初代を知る人からはこの車が果たしてティアナなのかと疑問視する人も少なくない。

あまり積極的に選ばれる車ではないけど、かと言って何か欠点があるかと聞かれても特にないのが現状。大きなサイズは安定感抜群だし2,500ccの直4エンジンも低速トルクに粘りがあるのでよく使う速度域において快適に走れる。よく言えば万能で悪く言えば器用貧乏だ。

しかしシルフィに比べればボディサイズに余裕がある分デザイン面で間延びしている感じがなく、全体的に平べったい印象だがシャープな造形のおかげでスタイリッシュさは失われていない。初代と比べればインパクトは薄くなってしまっているが、車自体の快適性はむしろ向上している。当たり前か(笑)

こんな人におすすめ

  • 走りの鋭さよりもゆったりと走ることが好き
  • 人と被らないラージセダンが欲しい
  • まぁこれでいいや的なインスピレーションを感じた
タイトルとURLをコピーしました