フーガ

Windowsを見るappleみたいな車

  • V型6気筒 2,500cc
  • 車幅 1,845mm
  • セダン

apple社が手がけるMacBookは操作性がWindowsとは真逆であることが知られている。マウスの決定ボタンが右だったりタスクを閉じるボタンが左だったり外部接続端子が壊滅的に少なかったり…おそらくWindowsを絶対真似したくないんだなと言った思想は見えてくる。

多分フーガもそう。ライバルとなるクラウンが直線基調のデザインを採用してきたので、こちらは流線形で勝負だとインフィニティのテイストを盛りこんでウネウネとウネるねるねるねるねるねのようなエイリアンシップに仕上がった(°∀°)誰がどう見ても流線形!やったね!

エクステリアだけでなくインテリアもめちゃくちゃウネウネしてる。特にインパネのナビが収まる部分とシフトレバーの周辺が、まるでディズニーシーのマーメイドラグーンを闇墜ちさせたようなデザインになっている。ようするにディズニー界でいうヴィランズのようなテイスト。

このあたりも直線基調のクラウンとは対極にデザインされているよね。きっとトヨタと同じデザインだと絶対に質感で比べられるから、財力のあるトヨタとは真っ向から挑まず別カテゴリーで勝負する手段に出たのかな。それで分かりやすい差別化要素がデザインだったって気もするよね。

クラウンの安価モデルが直4ハイブリッドにダウンサイジングする流れにおいて、国産車の中でも希少な2,500ccのV6を展開する。さすがに3,700ccのハイブリッドは高価なゆえかあまり流通していない。だけど日本の道路事情を考えると2,500ccあたりがベストじゃないかな。

このベストな排気量をより快適に移動するにはV6がかかせない。そう考えると時代の流れに沿わずに我が道を突き進むフーガはやっぱりappleだと思うんだよね。そんなappleも自慢のライトニングケーブルをあっさり諦めてタイプCを導入したりしてるけど(笑)まぁ売れなきゃ意味ないし。

運転感覚とか詳しいメカニズムについては公式サイトやwikiに載ってるからソチラを見れば良いと思うよ。この車を当サイトの目線で記載するなら文字通り目線が重要な車と言える。おそらくデザインの影響もあるだろうけどこの手の車にしては珍しくボンネットの一部が見える。

これは先代マーチにもあったことなんだけどヘッドライトの一部が盛り上がっているから(しかもポジションランプが光ってるのも見える!)車の全体像を把握しやすかったんだよ。これは運転が苦手な人にとっては大きなメリットになるんだ(°∀°)

ただスカイライン同様になぜ日産マークではなくインフィニティマークを付けたのかは謎。インフィニティは北米で展開している日産の高級車ブランドなんだけど日本でそれを認知している人はどれくらいいるんだろう?

そもそもインフィニティのブランド力がそんなに強くない。おそらく北米でインフィニティQ50として販売している車が日本でスカイラインを名乗ってるんだけど、見た目が変わらないからインフィニティって言っても「だってそれスカイラインじゃん」とか言われる始末。

2005年にレクサスが日本導入を果たした際も、かつてバッジ違いとして販売したいたセルシオ(LS)やウィンダム(ES)のような関係を避け、レクサス車は専売モデルとして販売することでプレミアム感を向上させた。だから近年のハリアーはRXの価値を下げない為に分家して開発されている。少なくともデザイン面は。

そう考えるとフーガもスカイラインもこれまで使用してきた日産マークで販売した方が潔い気もするんだけどね。どうせインフィニティを販売するなら専売モデルを導入した方がそれっぽい。マイナーチェンジ前は日産マークだったから尚更感がある。

こんな人におすすめ

  • セドリックだと思ったらフーガだった
  • クラウンには乗りたくない
  • 日産!日産!日産!
タイトルとURLをコピーしました