メーカー解説

トヨタの高級車ブランド。メルセデスが100年かけて築き上げた北米市場を僅か10年で奪還した実力派。ただメルセデスやBMWと比べるとまだまだのブランド力。だってメルセデスが故障したら外車だからってなるけど、レクサスが故障したらトヨタのくせにってなるでしょ。イメージ的にはグランドセイコー。


世界が認める自動車メーカーの王。特に日本人はトヨタのエンブレムがついているだけで絶対的な安心感に包まれる。確かに車の頑丈さにおいてはトヨタを抜きん出るメーカーはいない。オイル交換を10万キロやらなくても走るあたりは感服もの(ちゃんと手入れはしましょう!)。


ミスタービーン…じゃなかった、カルロスゴーン率いる(もういないけど)ルノー日本支部的なメーカー。スカイラインやフェアレディZなどの名車も多いがラフェスタやラティオなどの迷車も多い。デザインもなんとなくラテン系入ってるよね?良い意味で日本車っぽくない。


独創的な発想がウリの個性派集団。低床フロアの先駆者であるオデッセイや様々な工夫で室内空間を極限まで広げたN-BOXなどエポックメイキングな車を生み出す。そしてトヨタにパクられる。ホンダ「ポリシーはあるか?」トヨタ「ないよそんなもん。」


BMWになりたい…BMWになりたい…BMWになりたい…。だからヘッドライトとグリルを繋げるのもパクるしBMWのiDriveをマツダコネクトとしてパクったりもするよ。しかもiDriveの使いづらさまでパクるという本格派!正直マツダはBMWじゃなくてアルファロメオの路線の方が正解な気がする。


水平対向エンジンに全てを捧げるメーカー。確かに水平対向エンジンとAWD技術は世界屈指の実力だけど、あまりにもこれらのメカニズムが有名すぎて水平対向を積まないスバル車はスバル車じゃないなんて言われる。多分デックスとかジャスティとかそのあたり。


とにかく零戦のイメージしかない。


軽自動車専門メーカーとか思いきや普通車もそれなりに展開しているよ。ただスズキの普通車で売れてるのってスイフトくらいだけどね。キザシなんて車もあるけど導入先はほとんど警察の覆面パトカー。鈴木修社長のまゆげが某元総理大臣を彷彿とさせる。


トヨタの子会社…言い換えればトヨタの軽自動車販売部門。そのためトヨタで販売する3気筒エンジンのほとんどはダイハツ製だったりする。パッソもbBも実はダイハツ製。ダイハツの上の人はカムリのエンブレムをダイハツに変えただけのアルティスに乗る。


えっ?こんなメーカーあったっけ?あるんですよ!ちゃんと国からも自動車メーカーとして認可を受けていますよ。どう見ても既製品をクラシックテイストに仮装して販売するカスタマイズ屋に見えるけど一応自動車メーカーなんだからね!

タイトルとURLをコピーしました